買取一般素人が自動車を最大限高く売るポイント!

車買取で余ったパーツはどうやって売るか

 

車を売却すると、稀にパーツが余ってしまう事があります。カスタマイズが行われている車の場合は、やはりそのような傾向がありますね。
多くの車買取店では、純正パーツを重視している一面があります。社外パーツも高く評価される事がありますが、平均的には純正パーツの方が高評価になります。このためパーツの付け替えなどを行っている時は、社外パーツが余ってしまう事が多いのですね。

 

社外パーツは買取店には売らない

 

ところでパーツが余ってしまっている以上は、それを処分する事になるでしょう。ではどのような方法で処分をするば良いかというと、買取店やオークションがあります。ですので車を売ったお店に、そのままパーツを売却するのも一法ではあります。
しかしある査定士の方によると、それはあまりオススメできないそうです。というのもそもそも車のパーツというのは、買取店にアピールをしてもあまり効果が無いのだそうです。車自体をアピールするのは効果的ですが、パーツの場合はそれほど金額がアップしない事が多いようですね。

 

車のパーツはオークションの方が良い

 

その査定士の方によると、むしろ後者のオークションの方が良いのだそうです。確かにオークションの場合は、しばしば高額売却が成立していますね。
しかもパーツの場合は、車本体のように面倒な手続きがありません。車本体をオークションで出品するとなると名義変更などに気を遣わなければなりませんが、社外パーツの場合はそこまで気を使う必要はありません。クレームに関しても、ノークレームノーリターンなどと明示しておけば、問題は無いでしょう。
ですので車の改造を行ってパーツの付け替えをしている場合は、車本体は買取店に売却して、パーツはオークションに出品をするのが好ましい訳です。


このページの先頭へ戻る