車売却でのメーターに関する色々なパターンとそれぞれの注意点

車売却でのメーターに関する色々なパターンとそれぞれの注意点

車売却では、もちろん走行距離は大切なポイントになります。それだけに、その距離を示すメーターのトラブルがしばしば発生しているようです。
たまに聞く話は、メーターの改ざんですね。ちょっとメーターを巻き戻していて、走行距離を偽っているパターンがたまにあるそうです。

 

メーターに関する情報は正直に

 

まずメーターの改ざんは、正直に伝えるべきです。なぜならその事実が発覚してしまうと、後で大変な事になってしまうからです。
そもそも車の買取店というのは、虚偽申告を嫌う傾向がありますね。最悪の場合は、車の買取がキャンセルになってしまう事もありますので注意が必要です。そこまでエスカレートしなくても、車の金額は大幅に下がってしまう事が多いです。ですので巻き戻しなどが発生しているならば、それは正直に伝えるべきですね。
ちなみに改ざんは行っていなくても、そのパーツの交換を行っている事が有るでしょう。その場合も対応は同様です。過去にメーターの交換を行っていることを、査定士に対して正直に伝えるべきです。
フィットを売るなら

 

走行距離が分からない時も正直に伝える

 

ただ問題なのは、「どこかのお店で中古車を購入していて、その車に対する査定を依頼する」時ですね。お店によっては、たまに走行距離を偽って車を販売している事があるのだそうです。車の購入者としては、なかなか走行距離を見破りづらいものですね。
つまり人によっては、走行距離が不明な車に乗っている事もある訳です。このような複雑な状況の時には、査定の際に次のように伝えるのが良いのではないでしょうか。「中古車店でこれを購入しましたが、メーターの巻き戻しが発生しているかどうかは不明です」等で良いと思います。
ただしそのような車は、いわゆる走行不明車として取り扱われる事が多いです。金額ダウンが発生する可能性は高いですね。それを防止するためにも、信頼できるお店で車を買うのも大事でしょう。


このページの先頭へ戻る